2020年07月19日

無料レポート作成するにあたって

無料レポートを作成した事が無い方が、

無料レポートを作成するにあたって、



まず、何が大切かと言うと、

目的は何なのか、どうして作成する必要があるのか、



まず、その辺を明確にするのも

大切になってくると思います。



『作成した事ないし私には無理だ!』

と安易に思う様なら、無料レポートの作成は、

無理ですね。やらない方が良いです。



前回の記事の続きになってきますが、

目的を明確にする事が、非常に大切だと思います。



しかしながら、でも一体、どういうものを

作成すれば良いのだろうか…。



まずそう思うと思います。

私は、無料レポートスタンドは、

メルぞうを利用してます。



そういった、無料レポートスタンドに登録されている

無料レポートをダウンロードして見てみるのも、

良い手ですよ。



自分自身、一体どういうのだったら、

ダウンロードしたくなるのか?

そして気にかかって、ダウンロードした時に、



どうして、この無料レポートを

ダウンロードしたのだろう?

それをよく考えると、



おのずと、答えはでやすくなります。

後、下記画像ですが、赤で囲ってある箇所は、

メルぞうの新着ランキングのところです。↓



WS006221.JPG



↑上記、クリックで拡大になります。

こういった、上位を獲得している方の無料レポート

をダウンロードして見るのも良いです。



絶対とは言い切れませんが、

無料レポートのタイトルやe-bookカバーなども

素晴らしいし、紹介文章もまず、魅力的です。



PDFファィル自体も、

まず素晴らしいですよ。



こういったものが、

ダウンロードされやすいと言う事が、

自然と分かってきます。



作成するにあたっての、無料レポート

の中身も、だんだんと頭に浮かんできます。



沢山の方々の無料レポートを見たからと言って、

パクったら絶対駄目ですよ。



上位を獲得している方達は、

無料レポートを何度も作成した事があって、慣れてます。

さすがにスペシャリストなので、凄い無料レポートなんです。



無料レポートの内容を、いきなり、

そういった方達と同じ様に作れる訳はないので、

ハードルを低くして良いと思います。



何気なく思いたった事を、Word等のワープロソフトに

打ち込んで見て下さい。



PDFファイルに変換する機能のついてる

ワープロソフトもありますし、

そうじゃない場合、DOCファィルをPDFファィルに、



変換してくれる無料のサイトも一杯あります。

心配はいりません。



ただ、『何気なく思いたった事』そんなのが、

役立つ無料レポート等になるの?



と思う方も多いと思います。

意外と、自分は当たり前の様に知っていても、

そういった事って、知らない方達の方が、



多い場合が、ネット上多いです。

私自身、作成した無料レポートで、

『こんな中身のでは、全然駄目だろうなぁ…』



と思った様な無料レポートって、実話

結構あるんです。



それが、沢山ダウンロードされた事も、

結構あるのです。



ですので、基本的に最初は、

何気ない内容のものでも、

知らない方達の方が、多いと思って作成していって



全然大丈夫ですよ。

それで慣れてきたら、



素敵なe-bookカバーにするとか、

魅力的な無料レポートのタイトルや

紹介文章、中身ももっと見やすくて、



非常に良いと思われるものを

色んな角度から考慮して作成する様に

なっていければ、それでいいんです。



無料レポートを作成した事のない方にとって、

最初から、色んな事を考慮して、

素晴らしい無料レポートを作成するなんて、



基本的に無理だと思います。

ハードルを低く設定してみて、

とにかくまず1つ作成する。



それができれば、自然と慣れてきて、

いつでも、作成できる様な感じになって行けます。



そして、無料レポートスタンドの、

審査基準もきちんと見ておいて下さいね。

メルぞうを利用するのであれば、審査基準は下記URLです。↓



http://mailzou-blog.net/?p=1534



作成した事がなく、でも作成したいと思っている方は、

頑張ってみてね。



沢山ダウンロードされると、本当に嬉しいし、

もの凄い達成感につつまれますよ。



※人気ブログランキングに

参加しております。恐縮ですが、

もし良かったら、応援クリックされると

大変励みになります。↓

人気ブログランキングへ



posted by 池田 at 10:33| 無料レポート作成するには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする