2020年03月20日

OUTカウントを良くする方法 人気ブログランキングにて

以前に、OUTカウントを良くする方法を述べます。

なんて言ってましたね。全然述べてなかったので、

紹介する事にしました。

人気ブログランキングにての、OUTカウントを良くする方法です。



まず順位が少しでも良い方が、ブログも目立ちますし、

当たり前ですが、OUTカウントは良くなりますね。

私は、してないから変なお話しですが、



コメント回り、大変ですが、1日にですね、

30箇所のブログにしてみると部門にもよりますが、

順位は、かなり良い順位になりますよ。



この、『光速で爆発的に稼ぐブログアフィリエイト術暴露』は、

かなり以前、もう2006年の時くらいにはじめて、

今、復活させてやってますが、



2006年のその頃は、私は毎日、30箇所のブログに訪問して、

コメントをしてました。あくまでコピペのコメントでなく、

記事をきちんと読んで、その感想などをきちんと述べてました。



そして、人気ブログランキングのバナーを応援クリックしてましたね。

そうすると、そのブログの管理人さんが、自分のブログに来てくれて、

コメントもしてくれて、応援クリックをしてくれるんですよね。

それだけですが、在宅ワーク部門とかで、2位とかをとってました。



現在は、時間がなくて、全くコメント回りはしてません。

順位もさる事ながら、後は、

人気ブログランキングに登録している、ブログ名とか

紹介文章ですね。



魅力的な登録名や紹介文章にしたい所ですね。

しかし、人気ブログランキングから訪問して来た方が、

『あれ!?登録になっているブログ名や紹介文章と全然違う!』

そういう場合、すぐブログから出ていかれてしまいますね。



あんまり誇大な表現を使いすぎたりすると、

実際のブログの中身とギャップがありすぎて、

訪問して来た方が、すぐ出ていってしまいます。



この辺、難しい所で、あんまりギャップの差のないように、

人気ブログランキングに登録しないとなりませんね。

私のこのブログは、ブログ名もブログの紹介文章も、

実際と同じものを、人気ブログランキングに登録してます。



まぁ…私のブログ名とか、紹介文章だと、OUTカウントは良くなら

ないでしょうね。実際、凄いOUTカウント悪いですので。



人気ブログランキングの場合、もっと大事な事が、実話あります。

何だと思いますか?

記事の更新時間です。



記事を更新すると、Ping送信され、それが人気ブログランキングに

反映すると、『UP』のマークが点滅します。

下記画像を見て頂いても宜しいでしょうか?

クリックで拡大になります。



WS004361_1n.jpg



上記画像の青丸が付いてるのは、私のブログだと言う事を意味

しています。そして赤丸は、『UP』となってますね。

画像だと、点滅しているかどうか、その辺までは分かりませんが、

実際見てみると、この『UP』は、点滅してます。



ただ『UP』と記載されているのではなく、点滅しているので、

目立ちます。

ただ、Ping送信がされても、人気ブログランキングの画面の

更新は、30分きざみですね。でも、きちんと反映して、

人気ブログランキングの更新時間がくれば、



上記画像の様に、『UP』が付いているだけでなく、点滅するので、

かなり目立つはずです。



UPと言っても、この場合、順位が上がったのではなく、

記事が更新されたと言う意味です。

後は、ネットというか、インターネット利用者が多い時間…。



何時くらいから、何時だと思いますか?

基本的には、午後4時~午前1時くらいまでと言われています。

その時間の中でも、特にインターネット利用者が多くなるピークは、

午後8時~午後10時くらいまでが、特別なピークの時間をむかえます。



それでですね、人気ブログランキングのこの、『UP』が、

点滅している時間は、結構長いです。

人気ブログランキングで言うと、



出来るだけ、夕方くらいに、記事の更新をして、

インターネット利用者の多くなる時間に、『UP』を

点滅させる様にすると、OUTカウントは良くなるはずです。



そう言ってるわりには、このブログはと言うか、この記事自体、

夕方頃の更新でないのが、矛盾してますが、人気ブログランキングだと、

『UP』の点滅を、インターネット利用者の多くなる時間に付く

様に更新をして見て下さい。

結構、OUTカウントに影響してきますよ。



※人気ブログランキングに参加しております。

もし良かったら、応援クリックされると

大変励みになります。↓

人気ブログランキング



編集後記

本日は、記事が長くなってしまい、

申し訳ありませんでした。